Chinese firms breaking down barriers in Japan
DAILY YOMIURI Sunday, May 22, 2005

Municipal governments also have been scrambling to lure Chinese companies in a bid to stimulate long-stagnant regional economies.
According to the Nikkei Research Institute of Industry and Markets, 29 municipalities have set up 35 offices in China so they can directly lobby Chinese firms to establish businesses in their areas.
Kobe has lured 13 Chinese firms, including Shanghai Rundo Biotech Japan Co., a subsidiary of Shanghai Rundo Biotech Co., which was set up in December 2003.
Company President Chen Jian Jun said he chose Kobe because the city provided a welcoming atmosphere for biotech and pharmaceutical companies.
Chen first came to Japan as a exchange student on Chinese government scholarship in 1982, gaining PhD.in biochemistry from Kobe University. He worked as a researcher at three laboratories of different companies.
“If I had remained a company researcher for my entire career, which I could have, I wouldn’t have fully taken advantage of my experience both in China and Japan,” Chen said. “Japan and China are close in distance, but not so close in their relationship. Japanese companies have not fully understood China, and the two governments have not fully communicated with each other which cause misunderstanding.
“What we can do to resolve the misunderstanding is to bridge the two countries by sharing information and improving communication.”
According to Yasuharu Kokubo, a city government official in charge of luring Chinese companies to Kobe, the city government aims to create a “new Chinatown” on a stretch of reclaimed land called Port Island. “It’s not big enough for us to call it a town yet, but we are viewing this project from a long-term perspective,” Kokubo said.
日本における取引障壁を打破する中国企業 デイリー読売 2005/5/22(日)
【抜粋の要約】
昨今の経済状況を活性すべく中国企業を呼び込む活動を継続している市がある。
日経産業経済消費研究所によると国内29市が35の事務所を中国にかまえ、各市において中国企業がビジネスを構築できるよう直接働きかけている。
神戸市は13の中国企業を誘致させている。その一社が上海潤東バイオテクジャパン梶j(2003年12月設立、上海潤東生物科技有限公司中国の関連会社)である。同社社長である陳建君氏によれば、「同市を選んだ理由はバイオ及び医薬品企業を歓迎する雰囲気を神戸市が提供してくれたからである。」
陳氏は1982年神戸大学国費留学生として来日、農学博士号を取得した後、3社で研究者として従事した。「企業の研究者としてとどまることは可能であったが、それでは日中両国在住という自分の経験を十分に生かすこが出来ない。日本と中国はその距離ほど関係は近くない。日中両国はお互いを十分に理解しておらず、両国政府のコミュニケーション不足が発端となる誤解が多々生じている。そうした誤解を解決するために、正しい情報を共有しコミュニケーションを改善することで両国間の橋渡しを行うことが当社の使命である。」
神戸市小久保康晴氏(神戸市への中国企業誘致担当)によれば、神戸市はポートアイランド埋立地一帯に“新しいチャイナタウン”を創設しようとしている。「チャイナタウンと呼ぶには未だ十分な規模を有しないが、長期的展望に基づき現在このプロジェクトを考察中である。」