• 機能性食品開発支援
  • 医療機器開発支援
  • その他

日本や中国は薬事、その他法規制の厳しさ解釈等の難しさで知られています。
弊社では諸外国ヘルスケア企業様の日本や中国への進出やディストリビュータの模索など様々な角度からサポートします。

市場調査/ディストリビュータ事業/承認申請業務/CRO業務/法規制/レギュレーション調査/販売支援業務

titlebar_policy.gif

top_rinen.jpg

top_message.jpg

top_img.jpg

代表取締役 陳 建君

 人口13億人を超える中国は21世紀を象徴する国として大いなる発展を遂げており、その中でもとりわけ上海市及び江蘇省を中心とする華東地区の経済発展は著しく、特に医療産業の成長ぶりは世界各国の注目を浴びています。

 一方、日本と中国は本格的な高齢化社会を迎え、生活水準の向上に伴う弊害として生活習慣病などの疾病が増加し、 両国民とも健康に対する関心は非常に高まり、様々な形の健康管理や医療が求められるようになりました。

 当社は、日本における医療分野の専門家ネットワーク・リソースや特定保健用食品の豊富な開発経験などをもとに、 南京医科大学附属病院を始めとする中国医療機関やCFDAなど行政当局とのネットワークを最大限に活用し、 クライアント様の機能性食品、医療機器、医療技術等の開発支援をさせて頂きます。

 また中国ビジネスにおいて心配される知的財産権についても、中国有数の特許事務所である北京戈程知識産権代理有限公司と提携し、万全な体制でサポート致します。

   
titlebar_profile.gif

日本潤東株式会社
代表
陳 建君 (東山 建一)
設立
2003年12月18日
資本金
6,500万円
取引先銀行
三井住友銀行 みずほ銀行
神戸本社
〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-2 NLC三宮ビル809号室
TEL 078-231-6666
FAX 078-231-6655
E-mail information@rundo.co.jp
南京事務所
南京市玄武区中央路258-28号锦盈大厦2111室
TEL +86-25-8576-8298
海外法人
潤京綜研生物科技(北京)有限公司
北京市朝阳区芍药居北里101号世奥国际中心B座2907
TEL +86-10-58486383
無錫事務所
 
台州事務所
 
    titlebar_history.gif

 華東地区の中心に位置する南京医科大学附属病院(ベット数3000床、年間外来患者217万人)は、 中国国内でも大規模病院であり、1936年創立以来、江蘇省の基幹病院として地域住民の医療にあたる一方、 積極的に診断薬の研究開発や臨床試験の受託を行ってきました。
その研究成果の一つである心筋梗塞診断薬技術を産業化するため、 上海潤東生物科技有限公司を2002年に上海に設立しました。

 さらに、海外から受託する臨床試験の増加に対応し、 日本企業様の様々なニーズにきめ細かく応え、臨床試験を支援する目的で、 日本における受託窓口として日本現地スタッフが中心となり2003年末に神戸市に上海潤東バイオテクジャパン株式会社を設立しました。

2003年12月
神戸市医療産業都市構想の中核であるキメックセンタービルに設立
南京医科大学附属病院の日本窓口として臨床試験の受託及び支援を開始
2004年 8月
株式会社綜合臨床薬理研究所と業務提携
2005年10月
資本金4,000万円に増資
2006年 3月
北京事務所 開設
2006年 6月
中国特許事務所・北京戈程知識産権代理有限公司と業務提携
2006年 8月
北京に潤京綜研生物科技(北京)有限公司設立
2008年 2月
南京事務所 開設
2008年 3月
東京支店開設
2008年 5月
資本金6,500万円に増資
2008年 10月
無錫事務所 開設
2016年 6月
台州事務所 開設
   
titlebar_network.gif

network.jpg